ルーレットの構成を代表する2つのスタイル

著者:stevensprepacade

ルーレットの構成を代表する2つのスタイル

ルーレットの基本ルール

ルーレットの基本ルール
実際のカジノでプレイしたことがない方でも、ルーレットがどういうものかについてはご存じかと思います。
オンラインカジノは世界に2千を超える数がありますが、ルーレットは殆どのオンラインカジノでプレイすることができます。

ルーレットのルールはとてもシンプルで、ホイールと呼ばれる数字が書かれた回転盤の中にディーラーが球を放り入れ、その球がどの数字、色に止まるのかを予想するというものです。
球がチップをベットした数字、色に入ればプレイヤーの勝利となり配当金を得ることができ、その配当金はチップをベットした場所により異なります。
ルーレットでは配当倍率が2倍から36倍まで様々なベット方法があるので、コツコツと無難に利益を上げたい方から一攫千金の大きな利益を狙いたい方まで、どなたでも自分のベットスタイルで楽しむことができます

アメリカンルーレットとヨーロピアンルーレットの違い

アメリカンルーレットとヨーロピアンルーレットの違い
オンラインカジノでプレイできるルーレットは1つではありません。
基本的にアメリカンルーレット、ヨーロピアンルーレットの2つは必ず用意されています。

ヨーロピアンルーレットは0から36までの計37個の数字のどれかに賭けるルーレットで、かたやアメリカンルーレットは0の他に00もある計38個の数字のどれかに賭けるルーレットです。
ルーレットのペイアウト率は平均95%前後と非常に高くなっていますが、さらにこれをアメリカンルーレット、ヨーロピアンルーレットで見てみると、アメリカンルーレットは94.30%、ヨーロピアンルーレットは97.30%と、両者の間には3%ものペイアウト率の開きがあります。

ヨーロピアンルーレットの方がペイアウト率が高くなっているのは、00の分アメリカンルーレットよりも数字が1つ少ないからです。
たった1つ数字が増えるだけでも当たる確率に少なからざる影響を及ぼしますので、ペイアウト率を一番重視している方はヨーロピアンルーレットをプレイしましょう。

それではアメリカンルーレットの方にはメリットがないのかというと、そういうわけではありません。
アメリカンルーレットにはサレンダーという独自のルールがあります。
これは赤黒、奇数偶数、ハイローの配当2倍にベットした際に、0または00が出た場合賭けたチップの半分が戻ってくるというものです。
そのため、配当2倍でルーレットを楽しみたい方は、こうしたサレンダーという保険が付いたアメリカンルーレットの方を選んだ方がより利益を残しやすくなります。

ルーレットにはいくつもの賭け方がある

ルーレットにはいくつもの賭け方がある
ルーレットの賭け方はいくつもの種類があるので、誰でも気軽に楽しめるゲームとなっています。
ルーレットの賭け方はまず大きく2つに分けることができます。
1つは数字が書かれている枠内に賭けるインサイドベット、もう1つはその数字の枠外に賭けるアウトサイドベットです。

インサイドベットの賭け方は以下の通りになります。
1つの数字への賭け方はストレートアップ、またはシングルナンバーと呼ばれます。
当たる確率はかなり低いですが、当選すると36倍という高額の配当が付きます。

2つの数字への賭け方はスプリットベットと呼ばれます。
隣り合う2つの数字に賭けることができるので、ストレートアップの倍当たりやすくなります。当選した場合の配当は18倍となります。

3つの数字への賭け方はストリートベットと呼ばれます。
横一列3つの数字に賭ける賭け方で配当は12倍となります。

4つの数字への賭け方はコーナーベットまたはクアッドベットと呼ばれます。
隣接する4つの数字に賭ける賭け方で、この場合の配当は9倍となります。

6つの数字への賭け方はダブルストリートベット、またはラインベットと呼ばれます。
横に列6つの数字に賭ける賭け方で、配当は6倍となります。

他にもアメリカンルーレットの場合、0、00と1、2、3の5つの数字に賭けるファイブナンバーベットという賭け方があり、7倍の配当が付きます。
ヨーロピアンルーレットの場合は0と1、2、3の4つの数字に賭けるフォーナンバーベットという賭け方があり、こちらの配当は8倍となります。

続いてアウトサイドベットですが、アウトサイドベットは直接数字に賭ける賭け方ではなく、枠として複数の数字に賭ける賭け方です。

1から12、13から24、25から36と3つに区切った枠のどれかに賭ける賭け方をダズンベットと呼びます。
一度に12の数字に賭けられるので、当たる確率はかなり高くなります。
その分配当は抑えられますが、それでも当たった場合3倍の配当を得ることができます。

縦1列12の数字に賭ける賭け方をカラムベットと呼びます。
ダズンベットと同じく当たった場合の配当は3倍となります。
赤黒どちらが出るかに賭ける勝率50%の賭け方をレッド・ブラックと呼びます。赤黒どちらが出るかを予想してベットするだけなので、カジノゲーム初心者でも楽しめる賭け方です。

また勝率50%の賭け方はその他にも、奇数偶数どちらが出るかに賭けるオッド・イーブン、1から18、19から36のどちらが出るかを予想して賭けるハイ・ローがあります。
こうした勝率50%の賭け方の配当は共通して2倍となります。

著者について

stevensprepacade administrator

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。