音信不通になりやすい悪質なカジノ

どのような業種でも、サービス内容や支払方法などの説明は必要です。
もしも説明を省略すれば、誰でも怪しく感じるでしょう。
お客さまからの問い合わせを無視することは基本的に認められないため、当然スタッフが対応します。

ところが悪質なオンラインカジノの場合、突然音信不通になってしまうことがあります。
場合によっては「サイトリニューアルにともない一時休業します」と突然告知して、出金トラブルに発展するケースもあります。
 

悪質なオンラインカジノにありがちなこと

大手企業が運営するオンラインカジノは、サポート能力が高く、何らかのトラブルが発生しても、迅速に解決します。
ユーザーは困ったことがあれば、いつでも気軽に相談できます。

ところが悪質なオンラインカジノはユーザーの問い合わせの対応が遅かったり、場合によっては全く返答しない、サポート窓口の受付時間でも連絡が取れないなど、トラブルが多い傾向にあります。
このようなトラブルが発生した場合は、何回か時間や曜日を変えて連絡したり、連絡手段をチャットからメールに変更する方法が効果的なケースもあります。
 

とにかく対応を得られるまで根気強く

音信不通は、詐欺行為の1つと考えて良いでしょう。
サポート窓口と全く連絡が取れないことを確認したら、警察に相談しましょう。
明らかに怪しいと思われている場合は、警察が調査します。

多くの場合は運営者が失踪し、すでに打開策がない状態に陥っている可能性が高いと考えて間違いないでしょう。
それでも根気強く調査を続け、逮捕に至ることもあります。

海外の企業が運営しているオンラインカジノは、警察の効力が使えません。
しかし、音信不通になるオンラインカジノの中には違法サイトも紛れています。
違法サイトであることが発覚すれば、警察も対応してくれるでしょう。
 

サイトが閉鎖されて逃げられることも

一番厄介な問題は、サイトを閉鎖して運営者が完全に逃げ切った後に、ユーザーが詐欺に気付くことです。
運営側が逃亡した後では、結果的に泣き寝入りするしかないこともあります。

違法サイトは新しく作ることが簡単にできるので、名前を変えてまた同様の詐欺を繰り返すことも珍しくありません。
このような詐欺行為が続くと、上手く逃げ切られることに嫌気が差します。
違法サイトに騙されないために、必ず登録前にライセンスの有無とサポート窓口の評判を確認しましょう。