ギャンブル依存症になりやすいオンラインカジノへの対策方法

著者:stevensprepacade

ギャンブル依存症になりやすいオンラインカジノへの対策方法

いつでもどこでもギャンブルの興奮が楽しめるオンラインカジノですが、あまりにも熱中し過ぎてギャンブル依存症に陥ってしまう利用者も中にはいるようです。
ギャンブル依存症に陥ると、仕事中もプライベートもオンラインカジノのことばかり考えてしまい、悪化すると生活に支障をきたす状態になってしまうこともあります。

さらにギャンブルのための借金も躊躇しなくなり、クレジットカードや消費者金融など、あらゆる手段でギャンブルのための資金をかき集め、人生を破綻に導きます。
ここでは、ギャンブル依存症になりやすいオンラインカジノへの対策方法を解説していくのでぜひ参考にしてください。
オンラインカジノはバランス良く楽しむことが重要です。

場所や時間を選ばずに遊べる

場所や時間を選ばずに遊べる
営業時間やスケジュールに縛られる公営ギャンブルとは違って、オンラインカジノなら年中無休で空いた時間にギャンブルを満喫すること可能です。
しかも自宅のパソコンだけでなく、スマホやタブレットなどの端末を使えば外出先でも楽しむことが可能で場所も選びません。
一方、公営ギャンブルの競馬や競艇はレース開催日などのスケジュールがあり、パチンコやパチスロは営業時間があります。

さらにこれらのギャンブルの場合は、店舗や会場に行く必要があり、悪天候や体調が悪いときなど足を運ぶのが面倒に感じるときもあるでしょう。
しかしオンラインカジノなら自宅のベッドで寝転がりながらでも楽しむことが可能で、自制できないといつまでもプレイし続けてしまい、ギャンブル依存症に陥りやすいのです。

プライベートだけでなく、やろうと思えば仕事中にでも自動スピンに設定することで、ギャンブルを続けることも可能です。
オンラインカジノはとてもユーザーフレンドリーで便利な機能が満載ですが、ギャンブル依存症の観点から見ると、必ずしもプレイヤーに恩恵をもたらすとは限らないのです。

射幸心を刺激する演出や爆発力

オンラインカジノには特に規制はなく、パチンコ屋やパチスロのように射幸心を刺激する演出への規制のようなものはありません。
オンラインカジノはエンターテインメント性を追求しており、演出はどんどん派手になって一撃の爆発力も高まる一方で、日本のパチンコやパチスロのように演出ばかりが派手で、出玉がいまいちというようなストレスもありません。

ジャックポットを引き当てることができれば、一撃で数千万円から数億円のような一獲千金も夢ではないのです。
このようなオンラインカジノの強い刺激が、ギャンブル依存症の原因にもなっているのです。

オンラインを使った簡単な入金

オンラインを使った簡単な入金
オンライカジノの魅力のひとつは、すべての手続きがオンラインで簡単に済ませられることで、それには入金手続きも含まれます。
公営ギャンブルの競馬なども、ネットバンクを使ってオンラインで投票券を購入可能ですが、これは口座の残高から支払われます。

しかしオンラインカジノでは、クレジットカードが利用可能となっており、銀行の残高を減らすことなくギャンブルを楽しむことが可能です。
あまりにもクレジットカードを使い過ぎると、借金の感覚が麻痺してきて浪費への罪悪感がなくなり、ギャンブル依存症の原因にもなります。
クレジットカードは自制心がないと、ただ借金を増やすだけの手段となるので注意が必要です。

ギャンブル依存症を避けながら遊ぶ方法

ギャンブル依存症を避けながら遊ぶ方法
ここまで読むとオンラインカジノがギャンブル依存症の元凶のように見えるかもしれませんが、それは利用者の遊び方次第となります。
オンラインカジノの魅力は、いつでもどこでも気軽に遊べる気軽さや、射幸心を満たすことができる演出や爆発力で、これは多くの利用者が望んでいるものです。

しかしギャンブル依存症への耐性がないことや、自制心が弱い利用者にとってはギャンブル依存症の原因ともなってしまいます。
オンラインカジノを存分に楽しむためには、やはりギャンブルとの適度な距離感が必要で、ギャンブル依存症への自己防衛が重要となってきます。

例えばベラジョンカジノには「最大負け金額」「ログイン状態の維持時間」などの設定が可能となっていて、利用者が自制心を保つこと助ける機能があります。
この機能を予め設定しておくことで、強制的にオンラインカジノへの「入り浸り」を防止することができ、ギャンブルと適度な距離感を維持することが可能となるのです。

ほかにも損切りと勝ち逃げなどのマイルールを決めておくことも重要で、これは自制心を鍛えることにも繋がります。
これら対策を施すことで、オンラインカジノとの良好な関係を維持することが可能となります。

まとめ

ギャンブル依存症になりやすいオンラインカジノへの対策方法を解説してきましたが、参考になったでしょう?
オンラインカジノは登録すれば誰でも気軽に遊べるため敷居低いですが、ランドカジノと同じように大人の遊び場であり、適度な距離感を持って遊ぶことが必要です。

ギャンブル依存症は社会的な問題であり、オンラインカジノ側も「最大負け金額」「ログイン状態の維持時間」などの設定を設けるなど対策を行っています。
楽しい娯楽であるはずのオンラインカジノが原因で、借金問題を抱えてしまわないためにも、適度な距離感を持ってオンラインカジノで遊ぶように心がけましょう。

著者について

stevensprepacade administrator

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。