インカジ店とオンラインカジノの違い

日本国内で「賭博」は、法律で禁止されています。
公営ギャンブル以外でお金を賭けたことが発覚した場合は、逮捕されます。

インカジ店とは、日本国内の繁華街などに店舗を構え、インターネットを利用してカジノゲームを顧客に遊ばせる違法店です。
店舗経営者はもちろん、利用した顧客も逮捕されるリスクが高くなります。

オンラインカジノとインカジ店の大きな違いは「場所」です。
オンラインカジノは、カジノ合法国のライセンスを取得し海外で運営しているため、日本の法律は適用できません。
つまりオンラインカジノは違法ではない訳です。

インカジ店は日本国内に店舗を設置しているため、日本の刑法である賭博罪が適用されます。
 

賭金や勝利金の管理が曖昧なケースが多い

インカジ店では、お金の受け渡しは店内で行います。
賭金をチャージしたり、勝利金を引き出す際には、インカジ店の利用料が別途発生します。

ゲームの履歴やチャージ料金・手数料などは、店内でしか確認できないケースも多く、賭金残高や利用料が店舗側の良いように変更されることも無い訳ではありません。

たとえばインカジ店で 200 万勝ったとしても、高額な手数料を請求されたり、1日の出金限度額が低めに設定されていて全額もらえないといったトラブルは珍しくないでしょう。
仮にお金払いの良いインカジ店だったとしても、警察に摘発された時点で、賭金や勝利金が支払われる可能性は完全に消滅します。

インカジ店は賭博罪だけでなく、利益が少なく高リスクなギャンブルと考えて間違いないでしょう。
 

日本国内で賭博行為はNG

インカジ店だけでなく、日本国内で賭博行為に参加することは違法です。

例えば海外で人気のスポーツベットも、日本国内にお店を構えた時点でアウトです。

また、海外の宝くじについても購入方法によっては違法と見なされるため、注意が必要です。
海外旅行中に現地の宝くじを購入したり、ブックメーカーを通して海外の宝くじの結果にベッティングする行為は、問題ありません。
しかし、日本国内から海外の宝くじを購入すると、賭博罪が適用されます。

賭博罪は、インターネットが普及する前に制定されているため解釈が難しい点もありますが、とりあえず「日本国内でギャンブルが楽しめる場所は公営ギャンブルだけ、遊戯が楽しめる場所はパチンコ店だけ」と考えると分かりやすいかも知れません。
 

オンラインカジノは一人で楽しむことを徹底しよう

オンラインカジノも遊び方次第では、日本の賭博罪が適用される恐れがあります。
例えば、自分のアカウントを他の人に貸したり、逆に他人のアカウントを借りてプレイした時点で賭博罪が適用されます。
友人や知人を集めて、オンラインカジノに同時に参加した場合も賭博罪が適用される可能性が高くなるため、避けましょう。