何重にも施されている安全性対策

著者:stevensprepacade

何重にも施されている安全性対策

オンラインカジノってどういうギャンブル?

オンラインカジノとはどのようなギャンブルなのでしょうか。

オンラインカジノは、インターネットで、登録をすることによって、楽しめるという新しいギャンブルの形です。
もともと、カジノというものはヨーロッパを中心として広がった歴史あるものです。
古くからギャンブルの場として親しまれており、現地ではカジノは大変メジャーなものです。
オンラインカジノは、このカジノの世界をインターネット上で再現したもので、ゴージャスな世界観や、楽しいゲームの数々をそっくりそのままプレイできるようになっています。

オンラインカジノってどういうギャンブル?

また、オンラインカジノの魅力は本当のお金を賭けることができるという点です。
リアルマネーを賭けることができて、実際のカジノのように、億万長者を目指すことができます。
遊べるゲームについても、スロットやルーレット、そしてバカラやブラックジャックといったテーブルゲームなど合わせて数百種類は遊べます。

以下でオンラインカジノについて詳しく見ていきましょう。

ペイアウト率が高いオンラインカジノ

オンラインカジノのペイアウト率は約97%という数字です。
これはかなり高い還元率となっており、他のギャンブルと比較しても非常に高い数字を誇っています。
ハウスエッジが低く胴元の取り分が少ないということもあり、それだけチャンスが多いギャンブルです。

オンラインカジノは建物を持たないという特徴があり、人件費や設備費用がかかりません。
その分、プレイヤーへと儲けを回すことができるのです。

オンラインカジノは本当に安全に遊べる?

オンラインカジノは本当に安全に遊べる?

オンラインカジノはこのように非常に魅力的なギャンブルですが、本当に安全に遊べるのかどうかは疑問に思うところです。
実際に、オンラインカジノは安全と呼べるようなカジノばかりではありません。
やはり悪質カジノと呼ばれるようなカジノもありますので、そういったところは避けなければなりません。

しかし、外部の監査機関からの監査を受けている一流企業が運営をし、且つ大手のゲーミングソフトウェアが採用されている有名オンラインカジノなら、全く問題はなく遊ぶことができます。
こういったオンラインカジノは、株式上場をしているような一流企業ばかりが運営をしていて、一時の収益のためにイカサマを行うことは考えられません。

また、オンラインカジノはライセンスを持っていなければ運営をすることができないので、ライセンスを所持していないということは悪質カジノということになります。
従って、ライセンスの有無によってある程度安全性は判断することができるのです。

また、オンラインカジノで不正があれば、それはあっという間に情報として共有される時代です。
オンラインカジノの口コミサイトや掲示板などで情報などは拡散され、そういったオンラインカジノは排除されてしまいます。

オンラインカジノを選ぶ際には、常に最新情報をチェックして、有名な紹介サイトで紹介されているようなところを選ぶようにすれば間違いはありません。

詐欺やイカサマは本当にない?

オンラインカジノの詐欺やイカサマについてですが、優良なオンラインカジノは上記の通り外部の監査機関によって監査を受けており、ライセンスが正式に発行されてからもその信頼性を保つために、自らこのデータを公表しています。
ペイアウト率や、不正がないかどうかなども監査機関によって厳しく監査され、そのデータが公表され、今まで不正があったことは一度もありません。

しかし、一部の悪質なオンラインカジノでは、プレイヤーに払い戻しをしなかったり、個人情報が流出してしまったりといった報告がありますので、気をつけるようにしましょう。

オンラインカジノの法律的なことは大丈夫なの?

オンラインカジノで遊ぶ前に
「法律的なことは大丈夫なのか」
という疑問を持つ方は多いでしょう。

オンラインカジノの法律的なことは大丈夫なの?

法律的なことについて述べるのであれば、オンラインカジノについて明記されている法律は現在の日本には存在しません。
日本の法律では、インターネットの誹謗中傷すら裁けない状態です。
まだまだ日本の法律は整備が整っておらず新しいオンラインカジノについても、未だ明記されていません。

また、オンラインカジノは日本で運営されているわけではなく、海外の業者が運営をしています。
従って、日本の法律でこれを裁くことができないとう点が挙げられます。
プレイヤーだけを摘発したとしても胴元が合法国において認可されているので、これを罪に問うことができません。
従って、賭博罪なども適用されないのが現状です。

実際にオンラインカジノをやっていたプレイヤーが有罪となった事例は一度もありません。
また、検察側もカジノ法案が成立したにもかかわらず、オンラインカジノの日本人プレイヤーをを再び取り締まることは考えにくいです。

このため、法律的な問題はこの際それほど気にせずに問題なく遊べると言えます。

著者について

stevensprepacade administrator

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。