オンラインカジノで幅を利かせる攻略法

著者:stevensprepacade

オンラインカジノで幅を利かせる攻略法

オンラインカジノのモンテカルロ法とは?

オンラインカジノのモンテカルロ法とは、一昔前から取り入れられている有名な攻略法です。
数あるオンラインカジノの攻略法のなかでも異色な存在であり、オンラインカジノに向いている必勝法です。
非常に優秀な必勝法であり、ギャンブルだけではなくて、闘志の世界でも用いられているようです。

元々は、モナコ公国のモンテカルロのカジノが潰されたということから、この名前が付きました。
特徴としては一度の勝利だけで儲けが出ることはないという特徴があり、損失が比較的緩やかという特徴があります。
また、攻略法の用い方も複数あるという特徴があります。
そこで、具体的にモンテカルロ法についてみていきましょう。

モンテカルロ法の基本とは

基本的にはモンテカルロ法は、倍率が3倍以上あるゲームに適した方法となっています。
また、1度勝っても必ずしも儲けが出るわけではないので、繰り返し行う必要があります。
この計算式は乱数を使ったものでとてもややこしいため、紙とペンを使ってメモ書きをしながら行います。

マーチンゲール法と比較しても、一回の賭け金がそれほど大きくならずコツコツと積み上げていく攻略法です。
したがって、損失の広がり方も落ち着いているので、安心してゲームに没頭できるのも大きな特徴です。

モンテカルロ法のやり方はどうすればいい?

モンテカルロ法のやり方ですが、紙とペンを用意します。
オンラインカジノの場合、ディーラーに手元を見られることもありませんし、ペナルティを受けることもないので、この点有利になります。

まずは紙に1・2・3と書き、そして両端の1と3を足します。
すると4になるので、4の値をチップで賭けます。
負けてしまえば、先ほどの賭けた数字である4を追加し、左の1と4を足した5を次は賭けます。
このように、ただ足すのではなく、前回賭けた数を右に追加するというのがポイントです。
負ければ、同じように繰り返すのですが、勝った場合には左も右も同様に二つの数字を削除します。
そして、余った数字の両端を再度足した数を賭けます。

もしも数字がなくなってしまったり1つだけになれば、その時点で終了となります。

モンテカルロ法のデメリットと気を付けること

モンテカルロ法は、このように勝ったり負けたりを繰り返し数字が消えるまで行いますので、長く時間がかかる可能性もあります。
また紙とペンでメモ書きを行い、ベット額を確かめながら行う必要があります。

オンラインカジノのマーチンゲール法をやってみよう

オンラインカジノのマーチンゲール法は、甘美な誘惑である非常に人気のある攻略法の一つです。
なぜ人気があるのかというと、極めて簡単な攻略法ということもあり、さらに誰もが行いやすい方法だからです。
世界中でマーチンゲール法は行われており、プレイヤーは無意識に負けた時に取り入れていることが多いです。

オンラインカジノのゲームはもちろんですが、その他のギャンブルゲーム、また投資の世界でも使われている手法です。
攻略法の中でも手堅く必勝法とも称されており、最強ではないかとも噂があるのですが、そんなオンラインカジノのマーチンゲール法について詳しく見ていきましょう。

マーチンゲール法の詳細

オンラインカジノの攻略法であるマーチンゲール法の詳細ですが、マーチンゲール法は多くのカジノでプレイヤーが行っている方法で、とても簡単です。
負けたら、次のプレイの際に倍を賭けるだけという方法です。
2倍、4倍、8倍と次々に賭けていき、そして最終的に128倍と勝てるまで賭けていきます。
そうすることで、負け続けたとしても勝ったときに残高を取り戻すことができるという画期的な方法です。

勝てば投資額は元に戻すことができます。
これは勝率50%で計算されていますので、ゲームを選ぶ際にはテーブルゲームを選ぶことが前提となります。

マーチンゲール法のメリット、デメリットにはどんなことがある?

マーチンゲール法のメリットは、とにかくシンプルで単純であるということです。
初心者でも取り入れやすく、ルーレット・バカラ・ブラックジャックといった人気のテーブルゲームで有効になるので、幅広いというメリットがあります。

反対にデメリットは、マーチンゲール法は負けるまで倍賭けを続けなければならないので、最初に資金がたくさん必要になるという点です。
途中で資金が尽きてしまえば、マーチンゲール法は使えなくなってしまいます。

また、テーブルには賭けの上限額が設定されているので、これを超えてしまえば賭けることができませんので、負けが許される回数が少なくなってしまうことがあります。
さらに、マーチンゲール法は勝率50%で計算されていますが、実際にはハウスエッジがありますので、勝率がさらに低いということもあり、厳しい勝負になってしまうこともあります。

負ければ、損失は大きくなり、破産してしまうリスクもありますので、注意をしましょう。

著者について

stevensprepacade administrator

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。