年別アーカイブ 2021

著者:stevensprepacade

カジノシークレット最高$500・出金条件なし「キャッシュバック」

日本で大人気のオンラインカジノ『カジノシークレット』の最大の魅力は、業界初リアルタイムキャッシュバック!
 
最高$500 返金の『初回入金キャッシュバック』、入金2回目以降の『インスタントキャッシュバック』ともに 出金条件が無く、勝利金を自由に使えます。
今回は「カジノシークレットの 出金条件なし・2種類のキャッシュバック 活用術」をご紹介します。
 
 

『出金条件なし』2種類のキャッシュバック

『ユーザーキャッシュバック』という形で還元を行っているカジノシークレットには、 ” 2種類のキャッシュバック ” があります。

☆ 最高$500 返金の『初回入金キャッシュバック』

最高500ドル 返金の初回入金キャッシュバック

『初回入金キャッシュバック』はカジノシークレットに登録後、初めて入金を行う際に適用されるキャッシュバックで「面倒な申請など必要が無く、キャッシュバックの条件に達した時点で、自動的に残高へ反映される」特徴をもっています。

  • 初回入金時に勝てなかった場合に、入金額の 50 %(最高$500)をキャッシュバック
  • カジノシークレットで遊べる全てのゲームが対象
  • 出金条件なし!いつでも出金可能

『初回入金キャッシュバック』利用方法

『初回入金キャッシュバック』は、初回入金後リアルマネー残高が$0 になった場合に配布されるため「初回入金後カジノゲームで遊び、リアルマネー残高が$0 になった時点で、入金額の 50 %(最高$500)が ” 出金条件なしのリアルマネー ” として自動的に戻ってくる」という仕組みになっています。

『初回入金キャッシュバック』注意点

  1. 【ベット制限額1】” スロットゲーム ” は1スピンあたり$5 まで(特定スロットに搭載されている ” ボーナスモード購入機能 ” を利用して$5 以上使用することも禁止)
  2. 【ベット制限額2】” 各種テーブル ” & ” ライブゲーム ” は1ゲームあたり$25 まで
  3. 【無効行為1】初回入金額がアカウントに残っている状態で、2回目の入金を行う
  4. 【無効行為2】初回入金額の出金を行う(出金申請も含む)
  5. 【有効期限】初回入金完了後から30日間

『初回入金キャッシュバック』の有効期限が切れる前であっても、1度でも” ベット制限額 ” を超えたり、適用条件を満たす前に入金・出金を行った場合は『初回入金キャッシュバック』が無効になるため注意しましょう。

☆ 入金2回目以降の『インスタントキャッシュバック』

入金2回目以降のインスタントキャッシュバック

『インスタントキャッシュバック』は「入金2回目以降に ” インスタントキャッシュバック対象ゲーム ” でプレイして負けた時、ベット金額の一部をキャッシュバック残高に進呈する」仕組みになっています。

  • 入金2回目以降の ” インスタントキャッシュバック対象ゲーム ” プレイ限定
  • ” インスタントキャッシュバック対象ゲーム ” の損失額の1部が還元される
  • 右上に「お金マーク」を表示しているゲームが ” インスタントキャッシュバック対象ゲーム ”
  • 出金条件なし!いつでも出金可能

『インスタントキャッシュバック』利用方法

『インスタントキャッシュバック』は「2回目の入金以降に” インスタントキャッシュバック対象ゲーム ” をプレイして、負ける事で自動的にベット金額の一部がキャッシュバック残高に付与される」仕組みになっています。

『インスタントキャッシュバック』注意点

  1. 【対象ゲーム】” インスタントキャッシュバック対象ゲーム ” 以外には、反映されない
  2. 【リミット】『インスタントキャッシュバック』は 最大反映額が日ごと・週ごと・月ごとに設定されていて、各最大反映額に達した場合は、一定期間を経過しないと『インスタントキャッシュバック』が発生しなくなる
  3. 【還元率】『インスタントキャッシュバック』は「損失額の約 10 %が還元される」と言われているが、 ” プレイ期間 ” や ” ゲーム ” によって還元率は大きく変動する
  4. 【有効期限】なし

最大反映額に達した場合や対象外ゲームで遊ぶ場合は「インスタントキャッシュバックが貰えない」ため、注意しましょう。
 
 

お得な『キャッシュバック』を活用しよう

お得なキャッシュバックを活用しよう

今回は「カジノシークレットの 出金条件なし・2種類のキャッシュバック 活用術」と題し、各キャッシュバックの特徴や利用方法・注意点をご紹介しました。

『初回入金キャッシュバック』は ” 有効期限切れ ” と ” 適用条件を満たす前の出入金 ” で無効になるため注意しましょう。

『インスタントキャッシュバック』は ” 対象外ゲーム ” と ” 最大反映額に達した場合 ” にキャッシュバックが反映されないため注意しましょう。
 
一般的なオンラインカジノでは、キャンペーンで得た金額に対して、出金条件がある場合が多いですが、カジノシークレットの「出金条件なし・2種類のキャッシュバック」は、出金条件が一切なく、誰でも簡単にキャッシュバックを現金として出金させることが出来ます。

キャッシュバックを上手く活用して、カジノシークレットをお得に楽しみましょう。

著者:stevensprepacade

ペイアウト率がやたらと高いブラックジャック「ポンツーン」

オンラインカジノに限らず、いつの時代も人気があるテーブルゲーム「ブラックジャック」。
歴史が長い分、数々の派生があります。
シンプルなゲームなので少しルールを変えただけでも、また違った面白みが出るのでしょうね。
「ポンツーン」は、そんなブラックジャックの派生の一つです。
特徴の一つとしては、そのRTP(プレイヤーへの利益率)の高さが挙げられます。
本家の「ブラックジャック」ですらRTPが非常に高いことで有名なのですが、「ポンツーン」はそれをも上回ります。
この記事では「ポンツーン」についてご紹介します。

ポンツーンとは?

ポンツーンとは
「ポンツーン」とは、イギリス生まれのブラックジャックと呼ばれるブラックジャックの派生形のゲームです。
英語での正式名称は「Pontoon」となります。
ポンツーン、ポントゥーンなど表記ゆれがあるので、検索する場合は英語名の「Pontoon」と入力した方が良いでしょう。

最適戦略と呼ばれる「ベーシックストラテジー」を使用した場合、無印の「ブラックジャック」のRTPはおよそ99~99.54%です。
この数値は、オンラインカジノ全体の中でもトップクラスといえます。
例えば、同じテーブルゲームの「アメリカンルーレット」は約94.73%、「ヨーロピアンルーレット」は約97.3%、カジノの王様と呼ばれる「バカラ」ですら約98.5%となります。
数値で示すと、「ブラックジャック」の還元率が如何に高いか分かるのでは無いでしょうか。

そして肝心の「ポンツーン」ですが、RTPはベーシックストラテジーの利用で約99.59~99.68%となります。
僅かではありますが、ブラックジャックを上回る還元率です。
各オンラインカジノのボーナスやキャンペーンを利用すれば、利益率100%を超えることが可能かもしれません。

ポンツーンで使用される用語

ポンツーンで使用される用語
ポンツーンでは、無印のブラックジャックとアクションが同じでも使われる用語が微妙に違います。

ツイスト
カードを新たに引くアクションです。
「ブラックジャック」の「ヒット」と同じ意味です。

スティック
カードをそれ以上引かないアクションです。
「スタンド」と同じ意味です。

バイ
3枚目のカードを引く際、ベット金額を倍賭けするアクションです。
「ダブルダウン」と同じ意味です。

ポンツーン
絵札とAに2枚を組み合わせた役です
「ブラックジャック」の役と同じ意味です。

ファイブカードトリック
カードの数値が21以下かつ5枚になった時に成立する役です。
ポンツーン以外に勝ちます。
このルールは無印のブラックジャックには存在しません。

詳しいルールについて

詳しいルールについて
ポンツーンのルールには以下の5つのルールがあります。

【ルール1】ディーラー側のカードは見えない
通常の「ブラックジャック」はプレイヤーとディーラーに2枚ずつカードが配られますが、ディーラー側のカードは1枚が伏せられ、もう1枚は見ることが可能です。
「ポンツーン」の場合、2枚とも伏せられます。
このルールは「ブラックジャック」よりも情報が少ないため、プレイヤーに少し不利に働きます。
しかし、一方では「ディーラーの手を考えなくて済む」と捉える事も可能です。

【ルール2】インシュランスが無い
本家の「ブラックジャック」ではディーラーのオープンカードが「A」だった場合、「インシュランス」の選択が可能です。
「インシュランス」はベット金額を上乗せすることで、ディーラーが「ブラックジャック」の役だった場合にベット金額を戻してもらうことの出来る機能です。
「ポンツーン」では、この機能がありません。
しかし、ベーシックストラテジー通りにプレイするならインシュランスはしない方が期待値が上がります。
そのため、このルールは特にプレイヤーに不利に働きません。

【ルール3】引き分けは負け
「ポンツーン」において、プレイヤーとディーラーが同じ数値となった場合は負けとなります。
つまり、ディーラーが「ポンツーン」の役だった場合はプレイヤーが必ず負けます。

【ルール4】合計数値が15以上になるまでカードを引く必要がある
通常の「ブラックジャック」では、プレイヤーの合計数値が仮に「4」だったとしてもカードを引くことをやめることが可能です。
しかし、ポンツーンでは「15」以上の数値までカードを引かなければいけません。
一方で、ディーラー側にも「17以上になるまでカードを引く」というルールが存在します。
プレイヤー、ディーラー双方ともバーストしやすいゲーム性となっています。
また、「ファイブカードトリック」は例外で5枚引いた時点で役が成立します。

【ルール5】「ポンツーン」「ファイブカードトリック」の2つの役が存在する
絵札とAの組み合わせは「ポンツーン」と呼ばれる役となり、カードを5枚バーストせずに集めると「ファイブカードトリック」という役になります。
更に、どちらも配当金は3倍となります。
このルールは当然、かなりプレイヤーに有利に働きます。

立ち回り方

狙える状況なら積極的に「ファイブカードトリック」を狙います。
特に4枚目の時点で合計数値が「11」以下なら5枚目でバーストしないことが確定するため、必ず「バイ」を選択して倍賭けしましょう。
配当金が6倍になるので、一攫千金を狙えます。

あまりに高い還元率なため遊べるオンラインカジノは減ってきています。
見かけたらプレイをお勧めします。

著者:stevensprepacade

エコペイズの口座開設の注意点

オンラインカジノの有力な決済手段として知られており、現在も多くのオンラインカジノユーザーが利用している決済がエコペイズです。
そんなエコペイズを事前に口座開設しておくことで、オンラインカジノの入金や出金がスムーズに行きやすくなります。

今回、このエコペイズの口座開設というテーマで、どのようにして口座開設を行うのか、その基本的な流れを紹介します。
さらになぜ事前に口座開設をしておいた方がいいのかという理由や、口座開設に関連する注意点についてもまとめました。

エコペイズの口座開設の流れ

エコペイズの口座開設の流れ

エコペイズの口座開設の基本的な流れは、公式ページにアクセス、情報の入力、メールを受信して登録を確認という簡単なものです。

まず、エコペイズの公式サイトにアクセスします。
イギリスのサービスですが、日本語に対応しているので、気軽に「無料アカウントを開設」または「OPEN A FREE ACOUNT」というボタンを押して手続きをしていきましょう。

情報の入力はアカウント情報の作成と個人情報の入力、そしてクレジットカードの情報入力に分かれます。
アカウント情報の作成では、メールアドレス、利用するパスワード、住んでいる国(英語表記なので日本名ならJapan)、言語選択(日本語にしておけば後は全て日本語で表示される)、使う通貨の設定です。

通貨は、米ドル、ユーロ、英ポンド、カナダドル、そして日本円から選択できます。
個人情報は、氏名、生年月日、住所、都道府県と町の名前、電話番号、そしてロボットでないことを証明するため、数字の画像を見て数字を入力しましょう。

ちなみに氏名や住所は半角ローマ字、電話番号は先頭の0を抜いた数字です。
例えば、08012345678なら、8012345678にします。
クレジットカードの情報入力は、入金するカードのブランド名(VISAやMASTERなど)やカード番号、名義人を入力します。

ここまでできれば、一連の情報入力が完了です。
そして冒頭で設定したメールアドレスにアカウントが作成された旨が、日本語で案内されます。
(日本語を選んでいた場合)

これで口座開設が完了します。

なぜオンラインカジノを始める前に開設する?

なぜオンラインカジノを始める前に開設する?

オンラインカジノを始める前に可能であれば、エコペイズの口座開設を行っておくことをおすすめします。
その理由として、オンラインカジノの入出金がスムーズになること、資金管理がしやすくなることです。

オンラインカジノの入出金がスムーズになることは、口座開設をしておく大きなメリットです。
オンラインカジノでは、種類によって入金と出金を同じ方法にしなければいけないところも少なくありません。

例えば、エコペイズで入金をしたら出金もエコペイズという形です。
こういった形態をとっていることが多いので、エコペイズをオンラインカジノで利用したい場合は、あらかじめ口座開設しておく必要があります。

なぜこのようなシステムになっているかというと、マネーロンダリングや不正出金を回避するためのオンラインカジノ側の自衛策として採用しているからです。
このように、入金からエコペイズにしておかないと出金時に使えないこともあるため、事前の口座開設がおすすめです。

また、エコペイズを介してオンラインカジノに入金していくため、資金管理がしやすくギャンブルにはまりすぎないという安全性も得られます。
エコペイズは、クレジットカードの入金を受けて口座に金額がチャージされ、その口座からオンラインカジノに入金される仕組みです。

そのため、クレジットカードでダイレクトに入金するよりもワンクッション置く分資金が管理しやすいのです。
そういった意味で、ギャンブルにはまりやすい方はむしろ利用した方が良いかもしれません。

このようにオンラインカジノのお金の流れをスムーズに、かつ安心して楽しむという意味でも始める前にエコペイズの口座開設を済ませておくのがおすすめです。

口座開設をするにあたっての注意点

口座開設をするにあたっての注意点

エコペイズの口座開設をするにあたっての注意点は、出金するにはもう一段介手続きが必要なこと、日本円やドルに設定すると手数料がかかることが挙げられます。

出金は、ここまでの口座開設の手続きだけではできません。
そのため、身元証明を行って、無料グレードアップする必要があります。

身元証明は、顔の分かるパスポートや運転免許証と住民票や公共料金の案内はがきなどが必要です。
これをスマホで撮影したり、スキャナでスキャンして画像データとして送信し、審査を受けなければいけません。
また、設定した住所と異なっていたり、名義人が違う場合は、登録を拒否されますから、この点も注意が必要です。

口座開設時に、日本円やドルに設定すると頻繁に為替手数料が発生します。
エコペイズは、イギリスのサービスなので英ポンドや(なぜか)ユーロは手数料が無料またはありません。

せっかく入出金したお金を少しでも減らさないようにするには、日本の銀行口座に外貨預金(ユーロ)を作っておいて、エコペイズでユーロ(EUR)を設定しておき、そこから送金させれば手数料も安くなるので、おすすめです。