すぐに音信不通になり対応を拒否される

業種に関係なくどのような業者でも、手順等についての説明は当然行なっていますし、この説明がしっかりされていないと怪しく感じてしまいます。客の質問を無視することは基本的に許されていないので、質問をされたら対応することになります。ところがオンラインカジノの場合、突然音信不通になってしまうことがあります。場合によってはオンラインカジノ自体が休業するなどと書いて、逃げようとしていることもあります。

悪質なオンラインカジノにありがちなこと

大手のところなら対応してくれる可能性は高く、何らかの話をすることは結構あります。困ったことがあればなんでも相談することができるようになり、言語についてもあまり関係なく相談できることは大きなことです。ところが悪質なオンラインカジノの場合は、色々な相談をしても対応が悪く、場合によっては無視するようになります。
営業しているところでも、音信不通の状態になってしまうことで問題になることが多いです。こうした問題については、何度も問い合わせをすることが必要になります。しかし対応しないままなら電話を入れてみるとか、別のメールなどを活用して連絡を入れるようにすると出てくることがあります。

とにかく対応してもらうまで根気強く

音信不通の問題は、社会的にも詐欺行為の1つとされています。音信不通は日本であれば警察に相談して、明らかに怪しいと思われている場合は警察がその場所まで行くことになります。多くの場合は逃げてしまっており、既に同しようもない状態になっている可能性もあります。それでも根気強く調査をしてくれることで、逮捕できることもあります。
しかしオンラインカジノの場合は、海外にあるサービスが行っているので、警察の効力が使えません。そこで他の方法を利用して相談をすることで、根気強く伝えることになります。多くのユーザーが同様のことを行っていれば、対応してくれる可能性も出てきます。

サイト自体が閉鎖されて逃げられることも

一番厄介なことは、オンラインカジノ自体が閉鎖されることによって、逃げられてしまうことです。逃げられれば何もできない状態となります。オンラインカジノは新しく作ることが簡単にできるので、名前を変えてまたスタートするなんてことも結構あります。
こうした問題が続いてしまうと、どうしても逃げられていることに嫌気が差してしまいます。更にオンラインカジノに問い合わせができないので、現金を出すことができないのです。