カジノカフェはお金を使わせたいと思っている

オンラインカジノは、逮捕される要素を持っている賭博です。日本では全面的に禁止されているものですから、これを展開してお金を稼ごうなどと考えているところは逮捕されてしまいます。カジノカフェは、そうしたお金を稼ぐために用意されているもので、オンラインカジノ自体はどこでも構いませんが、とにかく利用してお金を使ってもらうことを狙います。

負けた額の一部はカジノカフェに入ってしまう

基本的に負けてしまう場合は、全てを精算しなければなりません。オンラインカジノに入れているのはカジノカフェが提供しているお金になっています。カジノカフェ側はこれを使ってお金を稼ぐことは認めていますが、不足している分は補って貰う必要がありますので、オンラインカジノで使った金額の精算をしてもらいます。
もしカジノカフェで勝つことができた場合は、このカジノで儲かった金額の一部も取られてしまいます。施設を利用した金額として支払いを要求されてしまうことが多くなってしまい、結果的に利益が殆ど出ていないような状態になっています。そしてこの方法こそが違法とされている部分になります。

日本でお金のやり取りはNG

海外の口座とのやり取りをしている場合は、その証拠を掴むことができませんので逮捕されません。オンラインカジノを利用するためにお金を入れていることが分かっても、結果的にお金を使っているかどうかを判断する材料が一切ありませんので、どのような状態になっているかを判断できないためです。
しかし日本国内で行っている場合は別です。オンラインカジノを利用していることはどうでもよく、単純に賭博をしていることでお金のやり取りが日本で行われていることは犯罪と判断できるからです。これらの賭博をしているような精算行為をしていることは、違法賭博を利用している観点からも逮捕されてしまうことになります。

オンラインカジノを屋外で利用しないことを徹底しよう

自宅以外でオンラインカジノを利用することは逮捕される要因の一つとなってしまいます。駄目だと分かっても、勧誘されてしまうとついついプレイしてしまうこともあります。これはカジノカフェにお金を渡しているだけだと思ってください。
お金は後から精算されることになりますので、日本円で直接払うような感じになっています。しかし直接払っていることは違法扱いになりますので、これらがわかった時点で当然逮捕され、現行犯ならプレイヤーも逮捕されます。